幅広い補償内容で安心の国内旅行を実現!

旅行会社や航空機を利用する際に問われる旅行保険の加入。正式には「国内旅行傷害保険」と呼ばれるものですが、海外旅行と比較して安全と言われる国内旅行では、その加入率は決して高いものではありませんでした。しかし、昨今火山噴火による事故や雪山での遭難がメディアで報じられ、その救難にかかる費用が広く知られるようになったことで、近年は加入率が上がりつつあります。 この国内旅行傷害保険の補償内容は旅行における傷害や救助にかかる費用だけでなく、携行品の破損や盗難にまで及ぶ、大変範囲が広いものです。旅行における問題の全般をカバーしてくれる内容であるため、危険性が高い場所に行く際だけでなく、数泊の旅行でも加入しておけばとても安心して旅行を満喫することができます。

国内旅行傷害保険にかかる料金とは?

国内旅行傷害保険は、基本的に掛け捨てです。従っていくら補償内容の範囲が広くても、保険料が高ければ食指は動きません。 しかし、保険料は安くて500円しかかからない低廉なものです。3泊4日程度の旅行でも1000円はかからず、旅行期間が1週間を超えると1000円を超えてくる程度です。 さらにオプションで更に補償内容を広げることが可能です。例えば、旅行によって留守になった家が盗難被害に遭った際、その被害額を補償してくれるような付帯サービスも存在します。近年はインターネットの活用などによって手続きも簡単になってきており、加入のハードルもどんどん下がってきています。 旅行に行く際、一度加入してみるとその良さが実感できることでしょう。