沖縄本島の沖縄そばはこんな感じ!

旅の楽しみの1つは「食」ですよね。沖縄旅行の場合外せないのが「沖縄そば」。そばといっても蕎麦粉を使ったそばではなく、小麦粉を使った麺が豚とカツオ出汁のスープに入っているうどんに近い食べ物なのです。その味わいといったら、一度食べたらまた食べたくなる美味しいソウルフードです。食堂によって、だし汁のバランスや具材の肉やかまぼこが違うので、色んな店を回ってみたくなる沖縄フードなのです。 沖縄本島は太めなうどん風や平打ち麺が主流で、豚の三枚肉と沖縄かまぼこが入っているものが多いです。薬味で小ねぎや紅しょうがをのせたり、コーレーグースーとよばれる島唐辛子の泡盛漬けをたらしたりして楽しみます。 こりこりと食べられる、軟骨が付いた豚肉の煮物「ソーキ」が入ったソーキそばも人気ですよ。

石垣島、宮古島ではまたひと味違う?

同じ沖縄県でも離島に行くと、沖縄そばも少し変わってきます。石垣島など八重山地方では、細めのストレート麺で、そばの色が黄色ががかったものが多いです。ウコンやクチナシの色で黄色くなっているそう。食欲が湧く色味です。しっかりとカツオをきかせた出汁に、 豚の赤身肉とかまぼこを細切りにした具材がとっても合う一品ですよ。石垣地方では、島胡椒のピパーツをふりかけていただきます。 宮古島のそばは細めの平打ち麺。宮古地方では具材を麺の下に隠すのが昔ながらの伝統で、豚の三枚肉とかまぼこが隠れて入っています。具材を探すのも楽しいですね。テーブルにはカレー粉がのっており、好みで加えながら食べることもできます。カレー粉があるのは宮古島の特徴でしょう。 「沖縄そば」といっても、旅先によって味も見た目も変わるなんて面白いですよね。沖縄に行ったら、そばを巡る旅も楽しいかもしれませんよ。